SonoSiteの超音波画像診断システムはメダンタ病院において医師がより良い患者治療を提供する手助けをします。

June 04, 2019

 

インドのEconomic TimesのHealthworldはインドのデリー首都圏で有数の複数専門領域のある病院である、グルグラムのメダンタ・ザ・メディシティ病院においてどのようにポイント・オブ・ケア超音波が患者の転帰を改善させているかを探る短編ドキュメンタリーを最近発表しました。このドキュメンタリーの中で、Healthworldはメダンタ病院でポイント・オブ・ケアに従事している医師にPOCUSを使用した経験についてインタビューしました。

メランダ病院のチームは現在、Sonosite M-TurboおよびSonoSite Edge Color Doppler超音波画像診断システムを使用しています。麻酔科および集中治療部においてこれらの超音波検査装置は、患者の安全性を高めると同時に処置合併症に関連する費用を削減するのに役立ちました。

麻酔・集中治療の責任者であるSangeeta Khanna医師は、診療でポイント・オブ・ケア超音波を使用することで、さまざまな患者群において、局所神経ブロックの成功率は最大97~99%に達し、合併症発現率が有意に減少すると述べました。

集中治療部長であるDeepak Govil医師は、SonoSiteの超音波画像診断システムは頑丈で、コンソールが消毒可能なものであり、さらに、緊急時に他部門に簡単に移動させることができると説明しました。Govil医師は、ポイント・オブ・ケア超音波は、処置ガイダンスの精度をほぼ100%まで向上させるため、重症患者の治療に不可欠であると考えています。Govil医師はさらに、全ての医師が日常の診療でPOCUS(ポイント・オブ・ケア超音波)を使用するべきであると考えています。

整形外科麻酔の責任者であるDeep Arora医師は、超音波ガイド下の神経ブロックのおかげでオピオイドの処方を大幅に削減することができると言及しています。さらに、筋膜表面ブロックのような最新のブロックは、ポイント・オブ・ケア超音波により簡単に施行することができます。 

シェア