SonoSiteが10万番目の超音波システムを販売

December 01, 2017

FUJIFILM Sonosite従業員は10万番目に販売されたシステムを配送するコンテナに署名する

 

FUJIFILM Sonositeは最近当社が10万番目のシステムを販売できたことを謹んで発表いたします。 

A 当社の最上級キオスク端末超音波システム、SonoSite X-Porteは10月初旬にカリフォルニア州の病院へ納品されました。 

「私たちは当社の大事なお客様の一つへ10万番目のシステムとしてX-Porteを提供できたことに大いに感激しています」とFUJIFILM SonositeのCOOであるRich Fabianは語りました。彼は10月19日のFUJIFILM Sonositeのボセル本社で開催された従業員タウンホール会議の席で、10万番目のポイント・オブ・ケア超音波システムの受け渡しが完了したことを発表しました。

SonoSite X-PorteはXDI(eXtreme Definition Imaging/極限解像イメージング)と呼ばれる画期的なビーム形成技術を組み込むために開発されました。この信号は大幅にコントラスト解像度を強化する一方で大幅にクラッターを低減させるようにX-Porteの超音波ビームを成形します。
「X-Porteはこのクライアントのイメージングと診断能力を追加的に強化する優秀な製品です」とFUJIFILM Sonositeの主席メディカル担当役員兼上級副社長であるDiku Mandaviaは語ります。「そのイメージング能力は現在利用できる最高レベルに属し、ポータブル性のおかげで様々な部署で極めて重要な情報が簡単に取得できます。」

X-Porteはスキャン時学習モジュールも備えるため、ポイント・オブ・ケア超音波の日常の使用をまだ学習中の医療専門家でもリアルタイムに自分のスキルを磨くことができます。 

「FUJIFILM Sonositeはお客様と一般にオンラインでの教育機会を数多く提供しています」とMandaviaは付け加えます。「しかし現場での学習に適うものはありません。」スキャンしながら高い明瞭度で正確な解剖をご覧になっていますか。それはまるで超能力を持つかのように感じられます。X線視力、この場合は、超音波視力とでも名付けましょう。」

FUJIFILM Sonositeは患者の転帰を改善する非常に重要なツールである超音波はポイント・オブ・ケアで必要とされる際に医療専門家が活用できるように用意できていなければならないとの考えから創設されました。X-Porteは当社ポートフォリオの中でも最新のものに属し、学術および病院環境の両方で最も待望されてきた超音波システムの一つです。

「私たちは過去、現在そして将来もすべてのお客様に対し、医師の信頼性と患者のウェルネスを改善するツールを提供できる機会を与えて頂き感謝しています」とFUJIFILM Sonositeの社長兼CEO、Marty Higuchiは語りました。「ヘルスケアおよび患者の転帰を改善するために尽力する人々に加わることは大いに名誉なことです。」

 

シェア