FUJIFILM SonoSiteとPartners HealthCareが人工知能イニシアチブを開始

July 31, 2019

FUJIFILM SonoSite, Inc.は、POCUSのアプリケーションに人工知能(AI)を採用するためにPartners HealthCareと戦略的な提携を開始することを発表しました。両社は、臨床医の診断を支援し、ケアの質を高めるAIベースのモデルを使用するために協力します。このコラボレーションは、MGH & BWH Center for Clinical Data Scienceを通じて実行され、Partners HealthCareシステムの豊富なデータ資産、計算基盤、および臨床専門知識を活用します。

FUJIFILM SonoSite, Inc.の社長兼最高執行責任者であるRich Fabianは、新規開発事業について次のように述べています。「医療システムの費用を節約しながら、ケアの質を向上させ、超音波の利用を拡大するためにAIによって改良された技術をお客様に提供できることを誇りに思います。」

FUJIFILM SonoSite, Inc.のシニア・バイス・プレジデント兼最高医療責任者であるDiku Mandavia博士は、提携によって助長される技術革新に期待を寄せています。

「このコラボレーションは、2D画像の解釈を支援することを目的としたポータブル超音波へのAIの組み込みと、高い診断価値を提供しながらこの重要なテクノロジーの利用しやすさを高める自動化に焦点を当てています。」

POCUS認定アカデミーによって投稿された2019年5月の記事では、Victor Rao博士は、Mandavia博士が述べた進歩に触れ、AIとPOCUSの統合に関するビジョンを表明しました。 Rao博士は、経験とトレーニングの分野に取り組むことから着手します。POCUSのエキスパートへと成長するには、Rao博士が説明するように、「練習によって完璧を目指そう」という考え方を持つ必要があります。

「超音波は実践的な手段であり、患者へのスキャンをより有効に行うには、スキャンの実践を重ねる必要があります。また、身体の習慣や変形により、解剖学的に超音波で視覚化するのが容易ではない、または困難な患者をスキャンする必要もあります。」

ここで、AI技術の登場です。AIの誘導による支援により、POCUSの新しいユーザーは正しい種類の画像を取得することが可能になります。学習者はAIの機能を活用することにより、命にかかわる状態を認識し、プローブの位置合わせを支援し、患者管理の次のステップに進むことができます。Rao博士は、この支援によりPOCUSユーザーがもっと学びたいと思うようになると信じています。また、AI技術は過去の患者記録からの何千ものスキャンを迅速に比較することによって、POCUSユーザーの分析をはるかに効率的に行うことができます。Rao博士はこの技術革新を次のように説明しています。

「患者の心臓の駆出率の計測には、それほど多くの経験は必要はありません。AIコンポーネントは、担当されている患者の画像とビデオを、数千または数十万もの他の患者のデータと比較して、意見を引き出すのに役立ちます。」

Rao博士は、超音波画像の最適化について、AIが果たすべき重要な役割を持つ別の領域であると考えています。AI技術は、適切なレベルの画像の明るさまたは暗さを確保し、深度制御を調整したり、深度の修正が必要である場合ユーザーに指示したりすることができます。最適な画像は、正しい診断を行い、きわめて重大な情報を見逃さないために不可欠な要素です。

しかし、AIのPOCUSへの導入によって、これらがすべて機械の主導による向上が実現されても、医療専門家の必要性がなくなるわけではありません。たとえば、一部の条件は標準に合致しないため、まれな条件を識別するのにAIに十分なデータがない場合があります。POCUSの手順を実行するには、解剖学、病理学、および生理学の知識を持つ臨床医が常に必要であり、AIは、利用するデータを生成するために人間である超音波ユーザーに依存しています。そして、もちろん、AIはすべての患者が必要とする人とのつながりの代わりとなることはできません。患者は常に、医療提供者からの共感と理解に頼っており、期待をしています。

医師は、AI技術を採用することで患者に可能な限り最高のケアを提供することを目指してください。Partners HealthCareのチーフデータサイエンスオフィサーであるKeith Dreyer氏は次のように述べています。「医療提供システムに超音波をさらに統合するには、よりスマートなマシンが必要です。」 「緊急時には、効率と費用対効果により、携帯型超音波は他の画像診断法よりも優れています。」

シェア