ポータブル超音波システムは調査員がサメを理解するのに貢献します

February 22, 2018

毎年、世界の 海洋ではほぼ 1 億匹のサメが人間によって捕獲されています。これは大きな問題でしょうか? 科学者はサメの数を管理して増やす方法を知りません。 

食物連鎖の頂点にいる捕食者として、サメはより小型の捕食者の数を抑制する 役割 を果たしており、バランスのとれた安定した海洋生態系 の維持 に貢献しています。残念ながら、世界のサメの数は90%減少しており、サメの生態の理解と保護は深刻なリスクに直面しています。科学界が大型海洋動物の研究方法を変えるために設立した非営利組織OCEARCHがサメの研究に関心を寄せるのはそのためです。OCEARCHの創設者であるChris Fischer氏は次のように述べています。「大型のサメがいなくなれば、子どもたちが食べる魚もいなくなります。サメは海のライオンであり、バランスキーパーなのです。」 

OCEARCHチームがサメにタグをつける際、メスが妊娠しているかどうかをスキャンするのに SonoSiteの超音波検査機器を使用しています。メスが妊娠しているかどうかを可視化することで、科学者はサメの一生について知ることが可能になります。 サメが他の地域に移動し、繁殖や出産をしているているかどうかについて詳細な情報を収集することで、科学者や政策立案者が将来に向けてサメの数を管理し、保護する 計画を作成することが可能になります。 

Fischer 氏は次のように述べています。「データを持っていなければ、することはできません。結局、データの作成とそれを将来に向けて活用することがすべてです。」

 

OCEARCH チームは SonoSite の Edge II を使用しています

当社の獣医学のページにアクセスしてくだされば、獣医達が予測不能な場所で予測不能な患者をスキャンするのに役立つように製造された当社超音波システムがいかにポータブルで、信頼でき、かつ耐久性のあるものかが紹介されています。

 

シェア