Press Releases

Japanese translation unavailable for .

*多言語のPOCUS教育ツールは、グローバルメンバーの要望の結果

BOTHELL, WA, September 24, 2019 – FUJIFILM SonoSite, Inc. , 最先端のポイント・オブ・ケア超音波ソリューション開発のスペシャリスト、FUJIFILM SonoSite, Inc は24日、医療提供者向けのポイント・オブ・ケア超音波(POCUS)に関する能力向上と教育専用の包括的オンライン教育リソース、SonoSite Instituteが、さらに5つの言語で利用可能になったと発表した。グローバルユーザーの要望の高まりを受け、このウェブサイトリソースはフランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語、中国語、およびオリジナルの英語で提供されるようになった。

FUJIFILM SonoSiteの副社長兼最高医療責任者であるディク・マンダヴィア医学博士は「ポイント・オブ・ケア超音波は、様々な環境で患者ケアに大きなプラスの変化をもたらしている救命ツールだ。POCUSの議論の余地のないリーダーであるFujifilm SonoSiteは、イノベーションに対するのと同様の情熱を持って教育に取り組んでいる。コンテンツ豊富なSonoSite Instituteは、診断と処置の両方のPOCUSアプリケーションを、より自信を持って実行したいと考えている全ての臨床医向けに考案されている。SonoSite Instituteのメンバーは現在、世界170カ国以上にいるが、当社の教育リソースを他の言語にも翻訳してほしいとの要望が多く寄せられていた。そうしたメンバーの話に耳を傾け、新たな多言語SonoSite Instituteを公開することができることを誇りに思う」と語った。

Fujifilm SonoSiteは、多くのユーザーにとって母国語で学ぶ方が、より迅速、簡単、効率的であることを認識している。SonoSite Instituteの新たに翻訳されたリソースは、その要望に沿うべく考案された。

当初、2015年11月に英語で公開されたSonoSite Instituteは、電話、タブレット、あるいはPCといったインターネット対応デバイスを使い、ユーザーがいつでも、どこでも自分の都合に合わせて覚え、学習できるようにしたウェブベースのリソースである。ユーザーはマイペースで、日々の実務でPOCUSを使用するのに必要な自信をつけるのに最も効果的なスピードで学習しつつ、様々な専門分野に手を広げて習熟することもできる。

ユーザーが、ケーススタディ、ウェビナー、臨床画像、ビデオなど特定のPOCUSアプリケーションを幅広い専門分野にわたってすばやく検索できるようにした直感的プラットフォーム機能を搭載。学習課程には、ユーザーが基礎知識を評価し、組み込まれた評価ベンチマークで進捗状況を追跡したり、各課程の終了時に証明書を印刷できるコースが含まれている。さらにユーザーは、POCUS実践者が作成した生々しい専門分野固有のコンテンツを見つけることもできる。これには、中央回線管理やeFAST試験といったトピックの深い掘り下げや、周術期、TEE、オピオイド回避のための神経ブロックなどのトレンドアプリケーションが含まれている。最後に、SonoSite Instituteは、米国でのコーディング、請求手続き用の還付案内も提供している。

SonoSite InstituteはSonoSiteの顧客のみが利用でき、すべてのシステム購入に付属している。顧客は、SonoSite超音波シリアル番号で登録できる。詳細については、 https://www.sonosite.com/education/sonosite-institute .

▽富士フイルムについて

FUJIFILM SonoSite, Inc.は、ポイント・オブ・ケア超音波のイノベーターかつワールドリーダーで、超高周波マイクロ超音波技術の業界リーダーである。シアトル近郊に本社を置く同社は、100を超える国々にグローバル流通ネットワークを巡らせている。SonoSiteのポータブルでコンパクトなシステムは、費用対効果に優れた高性能超音波を患者ケアの現場にもたらすことで、臨床スペクトル全体で超音波の使用を拡大している。詳細については、 www.sonosite.com を参照。

日本の東京にある富士フイルムホールディングス株式会社は、たゆまぬイノベーションの追求の中で生み出された深い知識と基盤技術を活用することで、幅広いグローバル産業に最先端のソリューションを提供している。同社独自のコアテクノロジーは、ヘルスケア、グラフィックシステム、高機能材料、光学デバイス、デジタルイメージング、ドキュメント製品など、様々な分野に貢献している。これらの製品とサービスは、化学、機械、光学、電子、画像技術の幅広いポートフォリオを基礎としている。2019年3月31日に終了した年度において、同社のグローバル収益は、1ドル=111円の為替レートで220億ドルだった。富士フイルムは、責任ある環境管理と優れた企業市民活動に取り組んでいる。詳細については、 www.fujifilmholdings.com を参照。

###

ここに記載されているすべての製品名および会社名は、各登録所有者の商標である。

問い合わせ先

Danielle Brown Fujifilm Danielle.brown@fujifilm.com 914-574-3273

超音波の有用性を高め、米国の医療システムを向上することを目的とした人工知能(AI)強化超音波技術を開発するためのコラボレーション

ワシントン州ボセル、マサチューセッツ州ボストン、2019年7月30日 - FUJIFILM SonoSite、Inc. は、人工知能(AI)を活用してポータブル超音波の有用性と機能を向上するためにPartners HealthCareと戦略的関係を開始することを発表しました。両社は、臨床医がポイント・オブ・ケアでスキャンを実行できるようにAIを使用した超音波技術を強化するために協力し、臨床医と患者にとってこの技術を使用しやするすることを目指します。このコラボレーションは、MGH & BWH Center for Clinical Data Scienceを通じて実行され、Partners HealthCareシステムの豊富なデータ資産、コンピューター基盤、および臨床専門知識を活用します。

Partners HealthCareのチーフデータサイエンスオフィサー、DO、PhD、米国放射線科医学会会員、FSIIMであるKeith Dreyer氏は次のように述べています。「医療提供システムに超音波をさらに浸透させるには、よりスマートなマシンが必要です。」 「緊急時には、効率がよく費用対効果のある携帯型超音波が他の画像診断機器の力強いサポートデバイスとなります。」

コラボレーションの最初のプロジェクトとして、複雑な救急医療手順へのAI対応携帯超音波の導入に取り組みます。マサチューセッツ総合病院(MGH)救急部のAndrew Liteplo医学博士は次のように説明しています。「病院の内外で専門家でないユーザーが使用できる装置を開発できれば、外傷から診断までの時間の遅れを減らすことができ、より迅速な処置と予後の向上につながります。」

医学博士、FACEP、FRCPC、FUJIFILM SonoSiteの上級副社長兼最高医療責任者であるDiku Mandaviaは、次のように強調しています。「このコラボレーションでは、臓器境界のセグメンテーションの自動化、解剖学的特徴の測定、生理学的パラメーターの計算を目的として、携帯超音波にAIを埋め込むことに焦点を当てています。この自動化により、重要な技術のアクセシビリティを高めながら、高い診断価値を提供できるようになります。」

「FUJIFILM SonoSiteは、20年以上前に医療システムにポイント・オブ・ケアで使用するために設計された超音波システムを導入しました。当社はお客様のニーズが満たされていることを確認するために、常にお客様の声に注意深く耳を傾けています。超音波の利用を拡大し、医療システムの費用を抑えながらケアの質を向上させるAI拡張技術を提供できることを誇りに思います。」 と、FUJIFILM SonoSiteの社長兼最高執行責任者であるRich Fabian氏は述べています。

両社は、信頼度が高く手頃な価格の画像診断が世界規模で影響を与え、特に医療へのアクセスが根本的な課題となっている発展途上国において重要な変革をもたらすだろうと確信しています。産科および救急医療の分野における重要な診断ツールとして、ポイント・オブ・ケア超音波検査のアクセス性の向上と利用拡大は大きな可能性を秘めています。コラボレーションを通じ、両者の臨床的および技術的専門知識を集めることにより、ポイント・オブ・ケア超音波検査の分野を前進させます。

FUJIFILMについて

FUJIFILM SonoSite, Inc.はベッドサイドとポイントオブケア超音波分野の技術革新者で世界的なリーダーであり、また超高周波マイクロ超音波技術における業界のリーダーでもあります。シアトル近くに本社を置く同社は、100か国を超える世界的な流通ネットワークの営業拠点を持ちます。SonoSiteのポータブルでコンパクトなシステムは高性能超音波を患者のポイントオブケア分野へ優れたコスト効率で導入することにより臨床全域に超音波の使用を拡張しています。詳細は次のURLへアクセスしてください: www.sonosite.com

Partners HealthCareについて

Partners HealthCareは、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(Brigham and Women’s Hospital)とマサチューセッツ総合病院(MGH)が合同で設立した統合医療システムです。Partnersのシステムには、2つの学術医療センターに加えて、地域病院と専門病院、マネージドケア組織、コミュニティヘルスセンター、医師ネットワーク、在宅医療、長期ケアサービス、およびその他の健康関連団体が含まれます。Partnersは、米国有数の生物医学研究機関の1つであり、ハーバード大学医学部の主要な教育関連機関です。また、Partners HealthCareは非営利組織です。

MGH & BWH Center for Clinical Data Scienceについて

2016年に設立されたMGH & BWH Center for Clinical Data Scienceは、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(Brigham and Women’s Hospital)とマサチューセッツ総合病院(MGH)によって成り立つ共同センターであり、人工知能(AI)の最新技術を健康成果と運用効率の向上に利用することで医療の変革を目指しています。学術研究に関する深い専門知識、膨大なコンピューティング能力とデータリソースへのアクセス、広範な製品開発と業界経験を備えたCCDSは、AI技術の応用と商用的解釈を通じて疾患の検出、診断、治療、管理を向上するという独自の地位にあります。

###

ここに記載のすべての製品および会社名は登録所有者の商標です。

Fujifilmお問い合わせ先: Danielle Brown 914-574-3273 danielle.brown@fujifilm.com

於・ワシントン州ボセル、2017年11月21日 – 最先端のポータブル型ポイントオブケア超音波ソリューション開発のスペシャリスト、FUJIFILM SonoSite Inc.はイリノイ州シカゴで開催される北米放射線学会の第103回年次集会でMacCormick Placeの南ホールでブース番号4111に同社の最新のイノベーションを展示します。FUJIFILM Sonositeの展示のハイライトには、SonoSite SII、SonoSite Edge IIおよびSonoSite X-Porteがあります。

「ヘルスケア業界の展望は急速に変化しており、その速いペース設定で唯一不変の要素はより高速、より低価格かつより精度の高い診断です」とFUJIFILM Sonositeの最高執行責任者兼上級副社長でFACEP FRCPCであるDiku Mandavia医学博士は話しました。「FUJIFILM Sonositeはお客様がワークフロー効率を上げ、当社の一流のポイントオブケア超音波技術によってより優れたケアと患者への業績を実現また向上させるように支援します。」

次の内容が出展され、RSNAのブース番号4111でデモをご覧いただけます:

SonoSite SII SIIはイメージングのニーズに適応する直感的だがスマートなユーザーインターフェイスによって作業効率を上げます。同システムは可搬性に優れ、スペースが制限された部屋のゼロの設置面積も含め、複数の病院環境全域で使用することができます。SIIには最新の特許出願中のトランスデューサー技術、DirectClearが装備され、浸透の改善とコントラスト解像度によってトランスデューサーの性能を高めます。 SonoSite Edge II Edge IIはDirectClearおよびArmored Cable技術などの業界初のトランスデューサーのイノベーションによって強化されたイメージング体験を提供します。同製品はゲインやビューイング中の調整を最小限にする反射防止コーティングを施した広角度ディスプレイなどの頻繁に使用する機能に直感的にアクセスできるように設計されたインターフェイスを備えています。同製品は真に可搬性に優れ、最も厳密な環境で使用できるように設計されています。 SonoSite X-Porte X-Porteはアーティファクトの散乱を低減しイメージのコントラストを向上させるために作り出された革新的な所有権付きビーム形成技術XDI(Extreme Definition Imaging)を統合するために開発されました。そのスレンダーな形状によりベッドや検査テーブル脇での操作が簡単になり、ポイントオブケアの可視化と治療を行えます。X-Porteは直感的なタッチスクリーン式インターフェイス、リアルタイムのスキャン中の学習および比類なき耐久性と信頼性を備えています。

FUJIFILM Sonositeは現実世界の顧客ニーズを念頭に置きながら社内でトランスデューサーを設計、製造および試験します。SonoSite製トランスデューサーは落下による損傷や強力な医療用洗浄剤と殺菌剤による劣化にも耐久性があります。それは耐久性を保証するために厳しい軍事仕様を超えるように製造されているからです。往来の激しい環境ではトランスデューサーが落とされ、ケーブルがひっくり返されて踏まれたり捩られたりドアに閉められたりすることもよく起こります。このような日常の出来事で平均的なトランスデューサーのケーブルは簡単に損傷を受け、イメージの劣化につながります。Armored Cable技術は、トランスデューサーの配線部分を埋め込み式メタルジャケットで取り囲むことで、一般的な使用または乱用のシナリオから製品を追加的に保護します。

SonoSite製トランスデューサーは耐久性があるばかりでなく、最も多忙で要求度の高い環境であっても優れたイメージング技術を提供するようにできています。DirectClear技術によって、現在SonoSiteは大幅な性能改善のために最新のデザインの特徴を組み合わせたトランスデューサーを提供します。より効率の高い素材が使用されたことで優れた音響信号が生成され、信号浸透のロス率を低減するために反射層が追加されました。DirectClearおよびArmored Cable技術はSonoSiteポイントオブケア超音波ポートフォリオでいくつかのトランスデューサーに採用されており、またすべてのトランスデューサーは業界トップクラスの5年保証の対象となります。

詳細はFUJIFILM(ブース番号4111)までお越しいただき、担当者とお話しください。詳細は次のURLへアクセスしてください: www.sonosite.com 。

FUJIFILMについて FUJIFILM SonoSite, Inc.はベッドサイドとポイントオブケア超音波分野の技術革新者で世界的なリーダーであり、また超高周波マイクロ超音波技術における業界のリーダーでもあります。シアトル近くに本社を置く同社は、100か国を超える世界的な流通ネットワークの営業拠点を持ちます。SonoSiteのポータブルでコンパクトなシステムは高性能超音波を患者のポイントオブケア分野へ優れたコスト効率で導入することにより臨床全域に超音波の使用を拡張しています。詳細は次のURLへアクセスしてください: www.sonosite.com 。

FUJIFILM Holdings Corporation(日本の東京)は広範な業界へ継続的なイノベーションおよび最先端の製品を提供しています。医療システム、医薬品や化粧品によるヘルスケア、グラフィックシステム、フラットパネルディスプレイ用素材などの高機能素材、放送や映画用レンズなどの光学機器および資料用製品などが挙げられます。これら製品は広範なポートフォリオの化学、機械、光学、電子、ソフトウェアおよび生産技術をベースにしています。2017年3月31日に終了の年度で、同社は対ドル112円の為替レート換算で207億ドルの世界中での収益がありました。FUJIFILMは環境上の受託責任および優良企業の市民権に専心しています。詳細は次のURLへアクセスしてください: www.fujifilmholdings.com 。

### ここに記載のすべての製品および会社名は登録所有者の商標です。

連絡先: Lauren Geloso Fujifilm (914) 789-8303 lgeloso@fujifilm.com

コネチカット州スタンフォード ー診断イメージングと医療情報学ソリューションの世界有数のプロバイダーである FUJIFILM Medical Systems U.S.A., Inc. と最先端の超音波ソリューション開発のスペシャリストでありポイントオブケア視覚化アクセスを可能にする世界一流の教育を提供する FUJIFILM SonoSite Inc. は、世界の最も稀少な患者に役立てるため、デジタルX線撮影(DR)、ヘルスケアITおよびポイントオブケア超音波を完備したフルパッケージの小児科向けソリューション・ポートフォリオを発売しました。FUJIFILMは北米放射線学会の第103回科学会議および年次集会の間にシカゴのMacCormick Placeでブース番号4111に専用ディスプレイを使用してこの総合的な小児科向けポートフォリオを公表します。

「最も重要な患者について、FUJIFILMの小児科専用イメージング製品のフルラインナップはこれらの検査の特殊なニーズに応えるべくカスタマイズされています」とFUJIFILM Medical Systems U.S.A., Inc.の最高執行責任者であるJohann Fernando博士は話しました。「イメージング技術に80年を超える実績を持つFUJIFILMは、小児科でのイメージングデータと記録にセキュアにアクセスできるFUJIFILMの企業向けイメージングソリューションと連携してデジタルX線検出器、線量モニタリングツールおよびポイントオブケア超音波における最新の技術進歩によってこれらの患者のニーズに応じることができる比類なき強みを持つ会社です。

FUJIFILMのイメージングソリューションの小児科向けパッケージは被ばく線量を最小限にし、イメージ取得の速度を上げ、感染抑制の改善を促進し、検査に関連する苦痛を低減するなどの小児科のイメージングに関連した難題と闘います。FUJIFILMの小児科向け製品パッケージは安全性、高精度、快適さの向上およびデータ保護の高い信頼性を確保することにより小児科向けイメージングの課題に取り組みます。

「パーソナライズされたヘルスケアの幕開けによって、診断から治療に至るケアの全体的な連続性は「一つのサイズを全てに当てはめる」ものから患者個別に特化したアプローチへと発展してきました」とFUJIFILM Sonositeの最高執行責任者でMBAを持つRich Fabianは話しました。「変化に直面してコアな事業を転換してきた実績を持つ会社として、FUJIFILMは稀少な小児科患者人口のために役立てる必要のあるイノベーションを提供する独特の強みを持ちます。」

FUJIFILMの小児科向けソリューションパッケージには次の製品とメリットがあります:

FDR AQRO :低線量に重点を置き、NICU、PICU、ERなどを含む最も窮屈なスペースのための極めて優れた操作性を備えた設計のポータブル型デジタルX線システム。FDR AQROはFUJIFILMの線量における最新の進歩を機動力のあるコンパクトなモバイルシステム内に収める技術と組み合わせた製品です。さらに、FUJIFILMのHydro AG抗菌加工コーティングが機器の主要な表面に施され、感染抑制の安全対策が追加されています。 FDR D-EVO II Csl (14x17、17x17および24x30) :FUJIFILMの耐久性と信頼性に最も優れたこのデジタルX線検出器は、抗菌加工コーティング(Hydro AG)を備えた世界初で世界唯一の検出器です。特許所有の照射面サンプリング(ISS)技術を完備したFDR E-EVO IIは旧来の検出器より20パーセントも優れた線量効率でイメージを出力できます。 FDR D-EVO GL :世界初の単一被ばく長期シングルDR検出器ソリューション。CRと比較して低線量を提供し、Virtual Gridソフトウェアの使用によりグリッドの必要性をなすことでさらに線量を低減し、グリッド検査と比較して50パーセントの低線量を実現しました。 FDR Go PLUS バージョン :すべてが最新型になったFDR Go PLUS バージョンのポータブルデジタルX線システムは、新生児集中治療処置室(NICU)や小児集中治療室(PICU)などの窮屈な閉鎖空間で安全に航行できる新しい折り畳み式支柱を備えたコンパクトかつ静音型の設計です。FUJIFILMの最新モデルは子供に優しい画像ステッカーがオプションで付属し、検査が近づく間患者や両親を落ち着かせるのに役立ちます。 Synapse® Enterprise Imaging :FUJIFILMの企業向けイメージングソリューションにより、小児科のイメージングのデータと記録にセキュアかつホリスティックにアクセスできるようになります。PACS、VNA、CV、エンタープライズビューワおよび3Dを含むSynapse®パッケージは、リアルタイムのイメージの協業、単一のエンタープライズビューワによる総合的な患者のイメージング履歴、最も機微なデータを匿名化してアーカイブする機能を促進し、そのすべてがデータセンターにセキュアかつ集中的に保管されます。 Vevo® MD :世界初の超高周波超音波システムである本製品は、身体の最初の3cmのイメージングを行う際に医療用超音波では可能性として最高の解像度を出力します。最も小さな患者用に設計されたトランスデューサーを持つVevo MDは旧来の超音波では見えない極小の解剖部分を可視化するのに役立ちます。Vevo MDは検査時間を合理化するために直感的なワークフローを備えたユーザーが使い易いタッチスクリーン式インターフェイスを提供します。 SonoSite X-Porte :X-Porteポイントオブケア超音波システムは所有権付きビーム形成技術:XDI™(Extreme Definition Imaging)を提供します。XDI技術により画像品質の向上、散乱するアーティファクトの低減およびコントラスト解像度の向上が可能になります。清掃しやすいタッチスクリーンの表面と共に、X-Porteの可搬性の良さで新生児患者およびNICU環境内にフィットします。

FUJIFILMについての詳細、また製品デモの予約については次のURLにアクセスしてください: http://rsna.fujimed.com

FUJIFILMについて

FUJIFILM Medical Systems U.S.A., Inc.は今日またずっと将来までのニーズに応える診断イメージング製品および医療情報学ソリューションの世界有数のプロバイダーです。比類なき品揃えのデジタルX線システムからSynapse®ブランドのPACS、RISおよび心臓血管外科用製品、また高度な女性医療イメージングシステムに至るまでFUJIFILMはあらゆる規模のイメージング環境に理想的にマッチする製品を提供できます。FUJIFILM Medical Systems U.S.A., Inc.の内視鏡検査部門は高品質で技術的に高度なFUJINONブランドの内視鏡を医療市場へ供給しています。TeraMedica部門はヘルスケア情報学を配信し、制限のない医療用イメージ管理のためにベンダーニュートラルで企業規模のソリューションの世界有数のプロバイダーです。FUJIFILM Medical Systems U.S.A., Inc.の本社はコネチカット州スタンフォードにあります。詳細については次のURLまでアクセスしてください: www.fujimed.com および www.fujifilmendoscopy.com 。

FUJIFILM SonoSite, Inc.はベッドサイドとポイントオブケア超音波分野の技術革新者で世界的なリーダーであり、また超高周波マイクロ超音波技術における業界のリーダーでもあります。シアトル近くに本社を置く同社は、100か国を超える世界的な流通ネットワークの営業拠点を持ちます。SonoSiteのポータブルでコンパクトなシステムは高性能超音波を患者のポイントオブケア分野へ優れたコスト効率で導入することにより臨床全域に超音波の使用を拡張しています。詳細は次のURLへアクセスしてください: www.sonosite.com 。

FUJIFILM Holdings Corporation(日本の東京)は広範な業界へ継続的なイノベーションおよび最先端の製品を提供しています。医療システム、医薬品や化粧品によるヘルスケア、グラフィックシステム、フラットパネルディスプレイ用素材などの高機能素材、放送や映画用レンズなどの光学機器および資料用製品などが挙げられます。これら製品は広範なポートフォリオの化学、機械、光学、電子、ソフトウェアおよび生産技術をベースにしています。2017年3月31日に終了の年度で、同社は対ドル112円の為替レート換算で207億ドルの世界全体での収益がありました。FUJIFILMは環境上の受託責任および優良企業の市民権に専心しています。詳細は次のURLへアクセスしてください: www.fujifilmholdings.com 。

###

ここに記載のすべての製品および会社名は登録所有者の商標です。

連絡先: Lauren Geloso Fujifilm (914) 789-8303 lgeloso@fujifilm.com

富士フイルムは人間学の超高周波超音波システム市場に初めて

2016 年 6 月 9 日、カナダのトロント - 富士フイルム VisualSonics 株式会社 は、超高周波超音波イメージング システム、富士フイルムホールディングス株式会社、子会社の世界的リーダーは、イタリア ナポリの第 2 大学で最初の Vevo ® MD 超高周波 (UHF) 臨床超音波システムのインストールとその歴史の重要なマイルス トーンを本日発表しました。過去 10 年間以上の臨床研究で複数成功 Vevo ® MD は富士フイルム VisualSonics の臨床の市場に本格参入。

[{"fid":「4968」、"view_mode":「デフォルト」、「タイプ」:「メディア」、「属性」: {"alt":「博士ロバート ・ グラッシ、放射線科教授」、「タイトル」:「博士ロバート ・ グラッシ」、「高さ」:「4092」、「幅」:「2641」、「スタイル」:"幅: 250 px;高さ: 387px;境界線の幅: 1 px;境界線スタイル: 固体;余白: 5 px 7 px;フロート: 右;「、」クラス":"メディア要素ファイル default"}}]

博士ロベルト ・ グラッシ、ナポリの第 2 大学 f. Magrassi A. Lanzara 部に放射線学の教授。

博士ロベルト ・ グラッシ、放射線教授 f. Magrassi、ナポリの第 2 大学の A. Lanzara 部門によると機関は、約 10 年間臨床研究 VisualSonics 超高解像度超音波装置を使用います。これらの UHF システムは、マウスやラット、30 ミクロンの解像度など、小動物の解剖学を研究する研究班を有効にしています。Vevo ® MD の追加-今約月の 2 番目の大学で使用されている、全く新しいレベルにチームの能力をもたらし、臨床部門の新規アプリケーションを開発するための大きな可能性を示しています。

「前臨床研究、臨床応用に向けた重要なステップ Vevo MD の打ち上げまでは人間の研究では、超高周波の臨床的に承認されたシステムはなかった、"博士グラッシは言った。"Vevo MD は世界で最初に CE マーク、超高周波超音波イメージング システム-最大 70 MHz-臨床使用のためと当社の臨床研究は、人体の表面的な構造の可視化を有効にするに変換されます"。

ヨーロッパで初の製品化、Vevo MD は本当にユニークな超音波システムとしてそれは現在入手可能な従来の超音波システムよりも非常に高い周波数で動作します。それは彼らが決して前に見たして医療専門家をことができます-30 ミクロンに比類のない画像の解像度。Vevo MD システムは、探触子の富士フイルム VisualSonics UHF シリーズと互換性が。この特許取得済みのトランスデューサー技術が周波数の範囲で動作可能な最大 70 MHz、従来型超音波システムと比較して解像度が大きく増加。

Vevo MD は、新生児や血管、筋骨格系、皮膚、体の最初 3 cm 以内、その他の小さな部品を含む臨床応用分野の範囲の役割を果たすように設計されました。

「Vevo MD 美しさは、それは我々 の患者の侵襲的従来超音波を用いた見えなかった構造可視化する表面的な層を調査します。関節炎、これらの条件のための人間の薬物治療の有効性を調査することで発生する細かい上肢損傷を決定するようになった" 博士グラッシは言った。「我々 は糖尿病患者の血管のアセスメントを実行し始めているし、も皮膚と全身の病気を研究する計画」。

富士フイルム VisualSonics について

富士フイルム VisualSonics、株式会社リアルタイム ・生体内で、超高周波超音波・光音響イメージング システムの世界的リーダーです。トロント、カナダ、世界中のオフィスに本社を置く、富士フイルム VisualSonics は統合された販売ネットワーク全体でグローバルに表されます。富士フイルム VisualSonics は、最先端イメージング臨床研究、特に心血管系、腫瘍学、神経生物学、発生生物学の分野の進歩のための技術を提供するため世界中に認識されています。新しい臨床製品を含める製品ポートフォリオの拡大に伴い、富士フイルム VisualSonics は今、前臨床試験と臨床の両方の市場でのイメージング技術の彼らの範囲を広げます。富士フイルム VisualSonics 部富士フイルムホールディングス株式会社および富士フイルムホールディングス株式会社の子会社であります。詳細についてにアクセスしてください: www.visualsonics.com 。

富士フイルムホールディングス株式会社は、超高周波マイクロ超音波技術の革新とベッドサイドとポイント ・ オブ ・ ケア超音波の世界的リーダーと業界のリーダーです。シアトル近郊に本社を会社は会社 26 社と 100 カ国以上にグローバルな流通ネットワークによって表されます。SonoSite のポータブルでコンパクトなシステムは、低コストで高性能超音波を患者のケアのポイントに持って来ることによって臨床スペクトルにわたって超音波の使用を拡大しています。詳細についてを参照してください: www.sonosite.com 。

富士フイルムホールディングス株式会社、東京、日本を含む産業の広範なスペクトルに継続的な技術革新と最先端の製品をもたらします: ヘルスケア、医療、医薬品、化粧品、グラフィック システムフラット パネル ディスプレイ材料などの高機能材料放送や映画のレンズなどの光デバイスデジタル イメージ投射;製品を文書化します。これらは、化学、機械、光学、電子、ソフトウェア生産技術の広大なポートフォリオに基づいています。2015 年 3 月 31 日、年度の会社 1 ドル 120 円の為替レートで $ 208 億のグローバルの売り上げ高があった。富士フイルムは、良き企業市民として、環境保全に努めています。詳細についてを参照してください: www.fujifilmholdings.com 。

すべての製品および会社名本登録所有者の商標があります。

連絡先: ラルフローレン Geloso 富士フイルム (914) 789-8303 lgeloso@fujifilm.com

アンドリュー ・針 富士 VisualSonics (株) (416) 522-6462 aneedles@visualsonics.com

サラのバラード Kdm 通信制限、St Neots、英国 +44 (0) 1480年 405333 ideas@kdm-communications.com

重要な瞬間のための明瞭な超音波断層診断を提供します。 ボセル、ワシントン。2016 年 1 月 25 日- 富士フイルムホールディングス株式会社 ポイント ・ オブ ・ ケア可視化のアクセスを有効にする最先端超音波ソリューションを開発し、世界トップレベルの教育を提供することに専門家を発表した今日、新しいポータブル超音波システム、SonoSite エッジ II の CE マークと 510 (k) クリアランス。救急医療と救急アプリケーションを念頭、最も過酷な環境に優れたイメージングの経験を提供するエッジ II 機能革命的なトランスデューサー技術設計。Diku Mandavia、MD、FACEP、重症、最高医療責任者、上級副社長、富士フイルムホールディングス株式会社および富士フイルム医療システム アメリカ、株式会社は言った「SonoSite は、1999 年に初のポータブル超音波システムを導入、以来続けているベッドサイド プロバイダーのニーズを先取りするソリューションを構築する」 「エッジ II 超音波システムに忠実 SonoSite 従来の使いやすさ信頼性、耐久性の。ただしも組み込むことが強化画像取得に時間を加速するより自信を持って決断する臨床医を有効にして何に焦点を当てる問題、ほとんど患者。」