FUJIFILM SonositeはRSNA 2017でポイントオブケア超音波のプレゼンテーションを行います

November 21, 2017

於・ワシントン州ボセル、2017年11月21日 – 最先端のポータブル型ポイントオブケア超音波ソリューション開発のスペシャリスト、FUJIFILM SonoSite Inc.はイリノイ州シカゴで開催される北米放射線学会の第103回年次集会でMacCormick Placeの南ホールでブース番号4111に同社の最新のイノベーションを展示します。FUJIFILM Sonositeの展示のハイライトには、SonoSite SII、SonoSite Edge IIおよびSonoSite X-Porteがあります。

「ヘルスケア業界の展望は急速に変化しており、その速いペース設定で唯一不変の要素はより高速、より低価格かつより精度の高い診断です」とFUJIFILM Sonositeの最高執行責任者兼上級副社長でFACEP FRCPCであるDiku Mandavia医学博士は話しました。「FUJIFILM Sonositeはお客様がワークフロー効率を上げ、当社の一流のポイントオブケア超音波技術によってより優れたケアと患者への業績を実現また向上させるように支援します。」

次の内容が出展され、RSNAのブース番号4111でデモをご覧いただけます:

  • SonoSite SII
    SIIはイメージングのニーズに適応する直感的だがスマートなユーザーインターフェイスによって作業効率を上げます。同システムは可搬性に優れ、スペースが制限された部屋のゼロの設置面積も含め、複数の病院環境全域で使用することができます。SIIには最新の特許出願中のトランスデューサー技術、DirectClearが装備され、浸透の改善とコントラスト解像度によってトランスデューサーの性能を高めます。
  • SonoSite Edge II
    Edge IIはDirectClearおよびArmored Cable技術などの業界初のトランスデューサーのイノベーションによって強化されたイメージング体験を提供します。同製品はゲインやビューイング中の調整を最小限にする反射防止コーティングを施した広角度ディスプレイなどの頻繁に使用する機能に直感的にアクセスできるように設計されたインターフェイスを備えています。同製品は真に可搬性に優れ、最も厳密な環境で使用できるように設計されています。
  • SonoSite X-Porte
    X-Porteはアーティファクトの散乱を低減しイメージのコントラストを向上させるために作り出された革新的な所有権付きビーム形成技術XDI(Extreme Definition Imaging)を統合するために開発されました。そのスレンダーな形状によりベッドや検査テーブル脇での操作が簡単になり、ポイントオブケアの可視化と治療を行えます。X-Porteは直感的なタッチスクリーン式インターフェイス、リアルタイムのスキャン中の学習および比類なき耐久性と信頼性を備えています。

FUJIFILM Sonositeは現実世界の顧客ニーズを念頭に置きながら社内でトランスデューサーを設計、製造および試験します。SonoSite製トランスデューサーは落下による損傷や強力な医療用洗浄剤と殺菌剤による劣化にも耐久性があります。それは耐久性を保証するために厳しい軍事仕様を超えるように製造されているからです。往来の激しい環境ではトランスデューサーが落とされ、ケーブルがひっくり返されて踏まれたり捩られたりドアに閉められたりすることもよく起こります。このような日常の出来事で平均的なトランスデューサーのケーブルは簡単に損傷を受け、イメージの劣化につながります。Armored Cable技術は、トランスデューサーの配線部分を埋め込み式メタルジャケットで取り囲むことで、一般的な使用または乱用のシナリオから製品を追加的に保護します。

SonoSite製トランスデューサーは耐久性があるばかりでなく、最も多忙で要求度の高い環境であっても優れたイメージング技術を提供するようにできています。DirectClear技術によって、現在SonoSiteは大幅な性能改善のために最新のデザインの特徴を組み合わせたトランスデューサーを提供します。より効率の高い素材が使用されたことで優れた音響信号が生成され、信号浸透のロス率を低減するために反射層が追加されました。DirectClearおよびArmored Cable技術はSonoSiteポイントオブケア超音波ポートフォリオでいくつかのトランスデューサーに採用されており、またすべてのトランスデューサーは業界トップクラスの5年保証の対象となります。

詳細はFUJIFILM(ブース番号4111)までお越しいただき、担当者とお話しください。詳細は次のURLへアクセスしてください:www.sonosite.com

FUJIFILMについて
FUJIFILM SonoSite, Inc.はベッドサイドとポイントオブケア超音波分野の技術革新者で世界的なリーダーであり、また超高周波マイクロ超音波技術における業界のリーダーでもあります。シアトル近くに本社を置く同社は、100か国を超える世界的な流通ネットワークの営業拠点を持ちます。SonoSiteのポータブルでコンパクトなシステムは高性能超音波を患者のポイントオブケア分野へ優れたコスト効率で導入することにより臨床全域に超音波の使用を拡張しています。詳細は次のURLへアクセスしてください:www.sonosite.com

FUJIFILM Holdings Corporation(日本の東京)は広範な業界へ継続的なイノベーションおよび最先端の製品を提供しています。医療システム、医薬品や化粧品によるヘルスケア、グラフィックシステム、フラットパネルディスプレイ用素材などの高機能素材、放送や映画用レンズなどの光学機器および資料用製品などが挙げられます。これら製品は広範なポートフォリオの化学、機械、光学、電子、ソフトウェアおよび生産技術をベースにしています。2017年3月31日に終了の年度で、同社は対ドル112円の為替レート換算で207億ドルの世界中での収益がありました。FUJIFILMは環境上の受託責任および優良企業の市民権に専心しています。詳細は次のURLへアクセスしてください:www.fujifilmholdings.com

###
ここに記載のすべての製品および会社名は登録所有者の商標です。

連絡先:
Lauren Geloso
Fujifilm
(914) 789-8303
lgeloso@fujifilm.com

シェア