超音波ガイドによる血管アクセスの概要

2 時間のワークショップで Visual Medicine に関する基礎知識を習得することで、患者さんへのケアの強化と血管内留置の際の安全性向上に役立ちます。さらに、中心静脈内留置の精度向上用にデザインされた新しい技術について経験を積むことができ、超音波ガイドを利用する方法についても自信をもって行うことができるようになります。このワークショップでは、参加者の皆様に以下の内容をご提供します。

  • 超音波検査機器によるスキャニング技術の手順 - 内頸静脈、鎖骨上窩、鎖骨下、末梢 IV 留置など
  • 超音波と高度な磁気テクノロジーの組み合わせでバスキュラーアクセスでの新しいアプローチを可能にした AxoTrack Needle Guidance Technology を実際に体験していただけます。
  • この 2 時間のワークショップで、患者さんのケアに超音波検査機器を組み込む枠組みを理解することができます。

超音波ガイドによる血管アクセスの導入は、医師、アシスタント、看護師、救急隊員、その他の医療従事者の皆様にとって理想的です。