局所麻酔と血管アクセスのための超音波ガイダンスの概要

4 時間のワークショップで Visual Medicine® のベストプラクティスに関する基礎知識を習得すると、患者さんのケアの強化とリスクレベルの評価に役立ちます。この半日のワークショップには以下の内容が含まれます。

  • ポイント・オブ・ケアでの超音波機器によるブロックのスキャニング技術(例:斜角筋、鎖骨上窩、腋窩、大腿、坐骨、膝窩)
  • 超音波ガイドを使用した内頸、鎖骨上部、鎖骨下部、末梢 IV 留置などのスキャン技術
  • 超音波と高度な磁気テクノロジーの組み合わせでバスキュラーアクセスでの新しいアプローチを可能にした AxoTrack Needle Guidance Technology を実際に体験していただけます。

このワークショップを終了すると、診療に超音波機器を組み込む方法の概要を知ることができます。

 

 

Page Category: