血管穿刺が減少し、患者さんの満足度が向上するのですから、麻酔針のプレースメントにおいてベッドサイドで超音波検査機器を使用しない理由は全くありません。

また、麻酔科の医師や看護師 の皆様が合併症や患者さんの不快感を減らしながら、業務効率 を改善するために超音波ガイド下の針穿刺をおこなうことが増えています。研究の結果、麻酔関連の針穿刺において超音波の使用が支持されています。 

超音波ガイドによる針の穿刺

簡単に言えば「百聞は一見に如かず」です。超音波ガイド下の注入では医師の皆様がリアルタイムで針の穿刺を可視化できるため、成功率が高まります。

針の可視化の状態が改善することで、以下の様な手順の効率が高まります: 

  • 急な角度の注入
  • 神経ブロック(上肢ブロック、脊髄くも膜下ブロック、大腿神経ブロック、腕神経叢ブロック、局所疼痛ブロック)
  • 硬膜外

針の留置に超音波ガイダンスを使用される麻酔科医の皆様は、血管穿刺が減少し、疼痛管理手法の有効性が増加していることがお分かりになるでしょう。

超音波検査が麻酔科医の皆様にとって有益である証拠とは?

多くの研究により、局所麻酔における超音波ガイドの使用が支持されています。例えば末梢神経刺激と比較して、超音波ガイドでは血管穿刺のリスクが大幅に低下することが示されています(リスク比:0.16)。また、末梢神経のブロック時間が 25 %増加し、作用発現時間が 29 %早まりました1

2013 年 6 月に Academic Emergency Medicine(AEM)Journal で発表された研究では、股関節の骨折で救急部門に運ばれてきた高齢者(4 時間以上)に対して、超音波ガイド下の 大腿神経ブロックにより、疼痛の度合や標準的な治療の補助として救援鎮痛で使用する非経口的オピオイドの量が大幅に減少しました。またこの研究では、股関節骨折時の激しい痛みに対して非経口的オピオイドのみによる標準的な疼痛管理が効果的ではないことが明らかになりました。2

麻酔医はどのような超音波システムを使用していますか?

以下の SonoSite 超音波機器は麻酔部門で使用されることが少なくありません。

SII  超音波画像診断装置

SII  は麻酔医の皆様や忙しい手術室向けに設計されており、壁、天井、スタンドへの取り付けが可能で、アクセスのしやすさをご提供します。無駄のないシンプルなコントロール部は片手で操作できるように設計されており、高品質の可視化技術で信頼性の高い画像診断を可能にします。SonoSite の優れたカスタマーサービス、臨床サポート、継続的な教育も含め、SII  は全般的なアクセスをご提供します。

M-Turbo 超音波画像診断装置

広範な専門分野に対応している M-Turbo は、シャープなコントラストと明確な組織描写により高画質の画像が得られます。

Edge II 超音波画像診断装置

SonoSite のハイエンド機種である携帯システムは、高度な可視化アルゴリズム、最も大型のディスプレイ画面、防滴シリコンキーボード、丈夫なアルミコアを備えています。

先進的な針の視認性

SonoSite がご提供するオプションの 1 つは、超音波ガイドの下での注入の精度を確保する Advanced Needle Visualization(ANV)です。独自のこのアルゴリズムは針の反射率を改善し、深部にあるターゲットに急角度のアプローチを行う際に針の視認性向上に貢献します。ANV は操縦性の高い超音波ビームと特許出願中のアルゴリズムによる専用のシグナルパスを使用しており、周辺の組織から針の情報を自動的に識別し、抽出します。

AxoTrack の針ガイドテクノロジー

この「オートフォーカス」オプションは超音波と高度な磁気性能を組み合わせたもので、中心線の留置時に針の先端位置に関するリアルタイムの情報を提供します。使いやすさとコントロールのしやすさを目指して設計された AxoTrack は、特別に設計された超音波トランスデューサと単回使用の滅菌キットからなる 2 つのシステムです(S Series や M-Turbo 等の特定の SonoSite システムとの間で互換性があります)。

トリプル・トランスデューサー接続(TTC)

この非常に実用的なモジュールは、最大で 3 つのトランスデューサを同時に接続することができます。麻酔科医の皆様は、ボタンを押すだけで 1 つのトランスデューサから別のものにスムーズに切り替えることができ、表層から深層のプロシージャに移れます。(Edge、M-Turbo、S Series 等の選択した SonoSite のシステムと互換性があります)


1Abrahams MS, Aziz MF, et al.Ultrasound guidance compared with electrical neurostimulation for peripheral nerve block: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.Br J Anaesth.2009;102(3):408-17.

2Beaudoin FL, Haran JP, et al.A comparison of ultrasound-guided three-in-one femoral nerve block versus parenteral opioids alone for analgesia in emergency department patients.Acad Emerg Med.2013 Jun ;20(6):584-91.doi: 10.1111/acem.12154.

※本訳事は海外で紹介されたものを邦訳したものであり、医療の現状は必ずしも日本のものとは一致しません。

超音波ガイドによる神経ブロックでオピオイドの必要性が減少しつつあるのをご存じですか?

St. Joseph's Heath Care System がオピオイドの使用を削減するために、どのように超音波機器を使用しているかを見てみましょう。

‍‌
Page Category: