超音波による心臓の正確なイメージング

ポイント・オブ・ケアにおける心臓イメージング

ポイントオブケアにおける心臓イメージングにより、臨床医は患者の状態を評価し、治療計画を立てることができます。直感的なユーザーインターフェースを備えたSonoSiteのポイント・オブ・ケア超音波(POCUS)システムは、正確な血行動態プロファイリングを提供することで、医師が心機能を評価し、患者ケアを効果的に導きよりよい結果を得ることが出来ます。
 
ポイント・オブ・ケアの超音波検査機器はベッドサイドで使用するため、重症患者を別の科に搬送する必要はありません。

POCUSの一般的な心臓試験:

  • 目標を定めたエコー
    • 傍胸骨左縁長軸
    • 傍胸骨左縁短軸
    • 心尖四腔像
  • IVC虚脱指数/体液反応性を判断するためのストローク量
  • RUSH検査(ショック状態および低血圧用)
  • ショック状態および心停止用の経食道心エコー検査

SonoSite超音波システムの機能:

  • 直感的なインターフェイスとワークフロー
  • 心臓イメージング測定および計算
  • 表面は防滴加工され、清掃、消毒が容易
  • 立ち上げからスキャン開始まで25秒以下の素早い起動
 

POCUSでの心臓イメージングの詳細を見る

ポイント・オブ・ケアにおける心臓超音波について学ぶ準備はできましたか?ここをクリックして胸骨傍長軸断面を実行する方法をご覧ください。
 
 
 


関連記事

Page Category: