動物医療分野における最高の超音波

SonoSite の超音波画像診断装置に対する獣医師の声

 

EDGE II  –  EQUINE

「私は馬のスポーツ医学においてイメージングに焦点を当てており、この 7 年間 SonoSite 超音波画像診断機器を使用しています。この装置は信頼性が高く、品質の高い画像を生成し、設定や使用も簡単です。ごく稀に問題があったとき(機器が 4 フィートの高さからコンクリートの床に落下)は、24 時間以内に代替品が届いたので、ダウンタイムは発生しませんでした。SonoSite のカスタマーサービスは 5 年間保証で、並ぶものがありません。」

Suzan Oakley 、DVM 、DACVSMR 、DABVP (Equine)、ISELP 認定会員、Wellington Equine Sports Medicine

_______________

 

EDGE II  –  EQUINE

「馬の訪問診療を行う者として、私のパートナー、同僚、そして私自身も、効率、耐久性、可搬性、使いやすさの点で、超音波検査に大いに頼っています。

過去に他の 2 台の超音波画像診断装置で耐久性に問題が発生したことがあり、私たちは SonoSite に注目しました。そして 2011 年に SonoSite の Edge Vet の購入を決定したのです。Edge Vet は電源立ち上げやスキャンに要する時間が短く、シンプルで直感的なデザインで、現場における超音波画像診断の活用が改善されることは明らかでした。過酷な環境条件、従順ではない患畜、電源のない場所 – Edge Vet なら問題ではありません。Edge を手に患畜のところへ行き、スイッチを入れれば数秒のうちに優れた画像を捉えることができるのです。

超音波画像診断装置を 2 台追加すると決めたとき、私たちは AAEP で新しい Edge II Vet を試し、その改善内容と耐久性の向上に感銘を受けました。太り気味、あるいは被毛の厚い馬に対するイメージング性能が大きく改善されました。毛刈りや多量のアルコールの使用が減ることで、強力なイメージング性能と使いやすさが強化され、より多くの時間を患畜を診ることに充てられます。

しかも、最適化されたマイクロコンベックス C11x トランスデューサーによる舟嚢のイメージングは、まさに驚くべきものでした!その画像を目にするまでは、自分がマイクロコンベックスを鞄に入れるようになるとは思ってもみませんでした。」

Jeffery Beshear、DVM 、Old Dominion Equine Associates

_______________

 

EDGE II  –  EQUINE

Dr. Jo-Anne LeMieux - Wisconsin Equine Clinic and Hospital

_______________

 

EDGE  –  小動物

「高度な動物救急部門として、私たちは技術を早期導入していることに誇りを持っています。新たな診断モダリティに対してオープンであることは、私たちのビジネスを成長させると共に、患畜とクライアントに価値あるサービスを提供するための最優先事項でした。誇張ではなく、SonoSite EDGE 超音波画像診断装置を導入したことで、私たちの業務は真の意味で変化しました。この装置の「X 線ビジョン」はすぐに使うことができます!高速で、非侵襲的であり、ほぼ拘束がありません。この装置により、私たちは患畜の治療に必要な対処法を知ることができ、クライアントの皆様は、必要な情報を得ることで経験に基づく理にかなった決断が行えます。何十人もの現地の獣医師と関係を築くことができました。この獣医師たちは、超音波による精密検査について、私たちに問い合わせてきます。私たちが 3 つの小型プローブと回転画面から多くのレベルで何を得られたかを表現するには、『計り知れない』という言葉では足りません。私たちは感動し、お客様も感動し、患畜はより優れた、さらに完全な治療を受けられます。装置本体は耐久性があり、迅速で、何より使いやすいのです。待つ必要も、迷う必要もありません。もっと早く超音波画像診断装置のトレーニングに参加すればよかった。これが私たちの唯一の後悔です。

最大限に活用できるかどうかが不安だという方のために、SonoSite は学習用ツールも提供しています。対面での CE でも、私たちの 5 人の医師のように SonoSite の獣医師向けオンライントレーニングモジュール「Veterinary Electronic Training Modules (Vet ETM)」に参加する場合でも、すぐに超音波画像診断を習得できるでしょう。2 年に満たない期間中、SonoSite の担当者の方々は、私たちが機器の制御を学んだり最適な状態で装置を動作させたりするために、少なくとも 4 回、当診療所を訪れてくださいました。どれも追加費用はかかりませんでした。きめ細やかなサービスです!動画シリーズもすばらしいもので、超音波画像診断を用いて私たちがさらに多くのことを実行できるように、改良が続けられています。もし 3 年前にあなたに、『経皮的生検ツールを使うほうが良い』と言われたとしたら、あなたの具合が悪いのではないかと思ったことでしょう。しかし今、私たちはあちらこちらに低侵襲の組織サンプルを送っています。新人獣医が、動画シリーズ FAST を修了し、いくつかの患畜にプローブを利用した後に『これはすごい』と言いましたが、まさにその通りだと思います。」

Matthew Hynes、DVM、Advanced Animal Emergency Services

 

_______________

 

EDGE  – 臨床繁殖学

発生学者としての私の仕事は超音波画像診断に大きく依存しています。クライアントの範囲は、ヒツジ、ヤギからシカにわたります。過酷な環境、日々の仕事量、種の大きさは、SonoSite 超音波画像診断装置にとって障害ではありません。見事な画像品質と小型のサイズは、現場に持って行くのに最適です。SonoSite 超音波画像診断装置の透過能力は、経直腸的超音波検査および腹部超音波検査のいずれにおいても、すばらしいものです。妊娠初期(45 日未満)および 57 日以降の直腸探触子による胎児性別判定は最も信頼性が高いものでした。45 日以降のマイクロコンベックス型探触子を用いた腹部超音波検査による妊娠および産子数判定は非常に優れていました。SonoSite の超音波画像診断機器は、優れた画像品質を提供するだけでなく、工学的な耐久性と確実な信頼性により安心を提供します。

– Shane Morgan、MSc、ReproLogix 上級発生学者

_______________

 

SII  – 小動物 

「超音波は獣医による救急医療や重篤な状態でのケアに不可欠なものとなっており、簡単に携帯できて耐久性がある高画質の超音波検査機器の利用は必須です。」

WVRC では SonoSite のシステムに感動しました。機器に関しても、営業やテクニカルサポートに関してもです。

ER や ICU では、機器に負担をかける取扱いをすることがあるため、ほぼ常時使用するような状態にも耐えられる機器であることが非常に重要でした。S Vet と付属のスタンドやパワーパック・バッテリーは期待通りの性能でした。また ER スタッフは、ユーザーフレンドリーで頻繁な調整が不要な機器を必要としていました。S Vet は質の高い画像が素早く入手でき、設定を変更する必要性はほとんどありません。超音波機器は数秒で使用可能になり、かつ使いやすいため、初期トリアージ、試験、評価以外での使用にも簡単に拡張できます。機器のユニットは ICU に設置されており、トリアージステーションからもわずかの距離です。この機器なしではどうすれば良いのか分かりません。

携帯式の超音波検査機器はラシーヌでの要求リストの最上位でした。昨年、S II Vet を購入しましたが、他のブランドは考慮するまでもありませんでした。 あらためて、機器のセットアップ、デザイン、そして購入やセットアップの際のカスタマーサービスに満足しています。 SonoSite のテクニカルサポートも印象的です。すべての問題に対して速やかに、そして真摯に対応してくれます。 SonoSite は、私たちにとって超音波検査機器が重要であることを理解してくれています。最近、あるプローブによって保証による交換が必要になった際もバックアップしてくれ、48 時間以内に問題なく稼働させることができました。 救急 / クリティカルケアに必要な超音波検査機器を他で探すことはないでしょう。 顧客のニーズを把握してくれている SonoSite に感謝します。」

- Kari Severson, DVM Wisconsin Veterinary Referral Center

_______________

 

EDGE II  –  動物園

「Edge のイメージング機能に満足していましたが、その後 Edge II のデモを見ました。自分に必要な超音波画像診断装置はこれだとすぐに分かりました。Edge II は実にすばらしいです。

低プロファイルボタンから防水タイプのタクタイルゲインノブにいたるまで、デザインの変更によりゲインの調整が非常に容易になっています。私は毎日、超音波画像診断装置をプールサイドで使用しています。Edge II の密閉式キーボードにより、毎日使用しても診断精密検査に支障を来すことはない、という自信があります。

さらに、小型の心臓用プローブを使用して腹部モードで鳥をスキャンすることは非常に有効な手法です。明瞭な画像が提供され、速い心拍数のドップラー効果もはっきりとらえられています。プローブヘッドの小さなフットプリントは、最も小さいクラスのオウムにも対応しています」

Vanessa Fravel, DVM, Six Flags Discovery Kingdom

_______________

 

EDGE II  –  動物園

Dr. Ginger Sturgeon - Pittsburgh Zoo

Dr. Lara Croft, Sea World Veterinarian, Orlando, FL

 

Page Category: