超音波検査機器の比較チャート

Edge II

 

SonoSite Edge II 超音波システムでは、DirectClear や Armored Cable Technology 等の業界初のトランスデューサの技術革新を通じてよりよいイメージング体験をご提供します。そして SonoSite の製品として、Edge II には耐久性、信頼性、使いやすさというデザインの柱が備わっています。

 

携帯性

診療科

救急治療&病院、麻酔科、内科、整形外科、救急医療、家庭医療、プレホスピタル医療、スポーツ医学、心臓病、救命救急、グローバルヘルス、物理療法 / リハビリ、画像下治療、リウマチ、外科、病院医療、産科/婦人科、保険機関、軟組織 - 筋骨格、プライマリーケア / オフィス、屋外&遠隔地医療

寸法

12.8 x 12.1 x 2.5 インチ / 32.6 cm x 30.7 cm x 6.4 cm(長さx幅x高さ)

体重

9 ポンド / 4.1 キロ(バッテリー込)

接続性


ポート、外部映像 / 音声:
USB ポート(2)
ECG 入力(1)
内蔵スピーカー
ミニドック付:
録画再生 VCR 用 S 端子(入 / 出)
DVI 出力
VCRまたはビデオプリンタへのコンポジット映像端子による出力(NTSC / PAL)
音声出力
イーサネットまたはワイヤレス画像 / データ転送
USB ポート(1)
RS-232 転送

 

プローブ

 

  • ブロードバンドおよび多周波数:リニアアレイ、曲面アレイ、フェーズドアレイ、マルチプレーン TEE、マイクロコンベックス

 

SonoSite iViz

 

ポイント・オブ・ケアでの超音波検査の将来はここにあります。Sonosite iViz はモバイルコンピューティングと高度な接続性を備えた、非常にポータブルな超音波検査機器で、いつでもどこでも医療従事者の皆様の視覚的な力になります。iViz は超音波による深部の診断と画像の鮮明さに関して、より大きくて重いシステムに匹敵する性能を目指し、医療機器製造企業が新規に設計しています。

 

携帯性

診療科

ホスピタリスト、麻酔科、一般、内科、整形外科、救急医療、家庭医療、プレホスピタル医療、スポーツ医学、心臓病、救命救急、グローバルヘルス、物理療法 / リハビリ、画像下治療、リウマチ、外科、病院医療、産科 / 婦人科

寸法

18.3 x 11.7 x 2.7 センチ(長さ x 幅 x 高さ)

体重

1.1 ポンド(バッテリー込)

接続性

- PC または Mac に画像を共有するためのマイクロフラッシュ USB ドライブ
- HD 映像出力用マイクロ HDMI ポート
- Bluetooth 機能
- WiFi 機能
- 内蔵スピーカー
- 音声出力
- リアカメラ
- EMR 接続
- DICOM® 画像管理:保管、モダリティワークリスト
- VCR、ビデオプリンタへのコンポジット映像端子による出力( NTSC / PAL )
- 音声

プローブ

 

  • ブロードバンド / 多周波:
    - フェーズドアレイ

 

SonoSite X-Porte

 

新たに開発された X-Porte には画期的なビーム成形技術が用いられています:XDI(極限解像イメージング)この独自のアルゴリズムは視覚的な混乱を減らし、高い鮮明度と解像度を提供します。

 

 

携帯性

診療科

救急治療および病院、麻酔科、内科、整形外科、救急医療、スポーツ医学、心臓内科、心臓病、救命救急、物理療法 / リハビリ、画像下治療、リウマチ、外科、病院医療、産科/婦人科、一般的なイメージング、小児科

寸法

構成および付属品によって異なります。

体重

構成および付属品によって異なります。

接続性

- 5 USB 2.0 ポート
- イーサネット ポート
- DVR USB ポート
- IPv6 インターネットプロトコル
- VGA ビデオ出力

プローブ

 

  • ブロードバンドおよび多周波数:リニアアレイ、曲面アレイ、フェーズドアレイ、マルチプレーン TEE、マイクロコンベックス

 

M-Turbo

 

M-Turbo は腹部、神経、血管、心臓、静脈アクセス、骨盤、表層イメージングに関して当社で最も汎用的なシステムです。この超音波システムではシャープなコントラストと明確な組織描写により高画質の画像が得られます。この超音波診断装置では詳細な部分が視覚化でき、構造、血管、病理を区別する能力が向上しています。

 

 

携帯性

診療科

麻酔科、内科、整形外科、救急医療、家庭医療、プレホスピタル医療、スポーツ医学、心臓病、救命救急、グローバルヘルス、物理療法 / リハビリ、画像下治療、リウマチ、外科、病院医療、産科 / 婦人科、保険機関

寸法

11.9 x 10.8 x 3.1 インチ / 30.2 x 27.4 x 7.9 cm(長さx幅x高さ)

体重

6.7 ポンド / 3.04 kg

接続性

 

  • 録音再生 VCR またはDVD 用 S 端子(出入力)
  • 外部 LCD ディスプレイ用 RGB または DVI 出力
  • コンポジット

     

プローブ

 

  • ブロードバンドおよび多周波数:リニアアレイ、曲面アレイ、フェーズドアレイ、マルチプレーン TEE、マイクロコンベックス
  • 単一周波数:心臓用静的ペンシル型

 

S Series

 

S Series™ 超音波マシンは、業界初の取付可能な超音波検査機器でした。ゼロ・フットプリントで壁、天井、スタンドに取り付けることができます。
Triple Transducer Connect(TTC)モジュールを S Series システムに追加すると、同時に最大 3 つの異なるトランスデューサを使用し、ボタンを押すだけでスムーズに切り替えることができます。

 

携帯性

診療科

麻酔科、内科、整形外科、救急医療、家庭医療、プレホスピタル医療、スポーツ医学、心臓病、救命救急、物理療法 / リハビリ、画像下治療、リウマチ、外科、病院医療、産科 / 婦人科、保険機関

寸法

15.1 x 11.6 x 6.1 インチ /38.4 x 29.5 x 15.5 cm(長さx幅x高さ)

体重

8.5 ポンド / 3.8 kg

接続性

 

  • 録音再生 VCR またはDVD 用 S 端子(出入力)
  • 外部 LCD ディスプレイ用 RGB または DVI 出力
  • コンポジット

     

プローブ

 

  • ブロードバンドおよび多周波数:リニアアレイ、曲面アレイ、フェーズドアレイ、マルチプレーン TEE、マイクロコンベックス
  • 単一周波数:心臓用静的ペンシル型

 

NanoMaxx

NanoMaxx

 

独自のシンプルな制御方法、診断対象の高画質イメージング、カラーパワードップラーおよびカラーフローベロシティにより、NanoMaxx® 超音波システムは医師の皆様が臨床診断を下したり、医療介入をガイドしたりする際に役立ちます。NanoMaxx は持ち運び可能な超音波画像診断装置であるばかりでなく、独自の技術を採用しているため、1 つのダイヤルに触れるだけで複数のシステム設定を最適化することができます。 

 

携帯性

診療科

麻酔科、内科、整形外科、救急医療、家庭医療、プレホスピタル医療、心臓病、救命救急、グローバルヘルス、画像下治療、外科、病院医療、産科 / 婦人科、心臓、保険機関

寸法

14.1 x 8.2 x 2.3 インチ / 35.8 x 20.8 x 5.8 センチ(長さx幅x高さ)

体重

6 ポンド / 2.7 キロ(バッテリー込)

接続性

 

  • DICOM メディア交換をサポート
  • コンポジット映像端子による出入力(NTSC / PAL)で、VCR、DVD、ビデオプリンタ、外部 LCD ディスプレイに対応

     

プローブ

 

  • リニアアレイ、曲面アレイ、フェーズドアレイ