MSK における超音波機器の適切な使用に関する議論は続いています

筋肉・骨格に関連する条件、および超音波の適切な使用は、ケアと曲げるためのエピソードあたりのコストを削減する方法の診断に超音波の使用に関するいくつかの情報を共有したい医師のコミュニティの指導者として全体のコストは私たちの国のヘルスケア システムのための曲線。SonoSite は、革新的かつダイナミックな機器の生産に取り組んでいるだけでなく、医療が変化していく時代の中にあってイメージング技術の適切な利用に関する皆様のパートナーや重要なリソースでもありたいと考えています。

メディケアにおける医師への還付の将来についてワシントンで行われている議論の一部として、MRI や CT のような高度な医療画像の適切な使用、および指示や実行を担当する人物が医師会が承認した適切な使用基準を参照する必要性に関する新しいプログラムについて議論されています。これは筋肉骨格(MSK)の症状を専門に診察している皆様にとって歓迎されるニュースです。腱や足首のけがなど、臨床上の特定の徴候に対する最初の診断テストとして超音波を用いることは臨床上のエビデンスにより支持されています。医療関係者の間では、すでに特定の腱板損傷の診断において「超音波を最初に使用する」ことに関する適切な使用基準が策定されています。

メディケアの請求データのレビューでは、超音波は四肢イメージングにおいて使用率の低い診断ツールであるとされています。2005 年、メディケアが還付を承認した医療費のうち超音波検査機器の使用は 2.1% のみでした。2011 年のデータでも大差はなく、4.7% に留まっています。そのため、MSK の診断での超音波検査機器の適切な使用に関して当社がお役に立てることが沢山あります。

SonoSite は「MSK 大学(MSKU)」を設立しました - MSKU は筋骨格医療関連のお客様専用の特別なプログラムおよびメンバーシップです。これは MSK の状態を超音波機器で診断する方法についての継続的なトレーニングと専用の臨床サービスを通じて、皆様とその医療をサポートするように設計されています。超音波検査機器を使用した診断手順について、カスタマイズされたトレーニングをご提供します。これらのトレーニングコースを活用していただき、MSK の状態をリアルタイムで診断して患者さんに提供されることを願っています。

MSKU のメンバーでいらっしゃる場合は、診断検査専用のトレーニングおよびリソースに関するこの新たな重点は 2014 年にご覧いただけます。

詳細について、または参加される場合はwww.sonosite.com/msku-membershipをご覧ください。または電子メールにて Jocelyn Pain jocelyn.pain@sonosite.comまでお問い合わせください。電話:(425) 951-1234

SonoSite は、2014 年のトレーニングコースでお会いできるのを楽しみにしております。

敬具

Diku Mandavia MD FACEP FRCPC
上級副社長、最高医療責任者