USB エクスポートのオプション

M-Turbo
M-Turbo® 超音波 システムでは USB フラッシュメモリに超音波検査の画像やデータを保存したり、エクスポートの種類を選択できます。このオプションは DICOM と SiteLink の両方のサービスで使用することができます。USB メモリに保存された画像やデータは、後でサーバーにアーカイブできます。

DICOM のエクスポート

DICOM のエクスポートにより、選択した試験の画像を USB メモリースティックに保存することができます。試験の画像を保存し、後でSWS、DICOM または DICOM ソフトウェアがインストールされた PC に転送できます。

  • ファイル形式は — RGB、JPEG、モノクローム DICOM を選択できます。
  • 圧縮率 — JPEG ファイルをエクスポートする際は低、中、高圧縮を選択できます。RGB またはモノクロームファイルの圧縮はサポートされていません。
  • USB にエクスポートされた患者さんの検査結果 — 画像は、DICOMDIR でメモリースティックに保存されます。DICOMDIR は DICOM 形式のファイル / フォルダーのフォーマットで、DICOM に対応しているソフトウェアがメモリースティックに保存されている DICOM ファイルを迅速にロードしたり、移動することができます。超音波システムからダウンロードした検査内容や画像をメモリースティックから DICOM に準拠したシステムに移動させると、ユーザーはそれらにフルアクセスできます。

SiteLink のエクスポート

SiteLink™ ソフトウェア によるエクスポートでは、選択した患者さんまたは検査のデータを USB メモリースティックに保存でき、後で閲覧したり USB 対応の PC に移動させることができます。SiteLink によりエクスポートされた画像は、標準的な Windows ツールまたは特定のビューアを使用して表示できます。レポートファイルは標準的な Windows ソフトウェアを使用して見ることができます。

  • ファイル形式 — JPEG または BMP ファイルを選択できます。
  • 圧縮率 — JPEG ファイルをエクスポートする際は低、中、高圧縮を選択できます。BMP ファイルの圧縮はサポートされていません。
  • 患者さんの検査内容を USB にエクスポートする際の構造 — 患者さんの検査データをソートして氏名(個別の患者さんおよび試験にフォルダーが作成されます)またはユーザー名(超音波検査機器のユーザーにフォルダーと患者さんの検査のサブディレクトリが作成されます)に保存することができます。