Banner Health がケア品質を向上

エピソード 1:保健システムの変革

アリゾナ州フェニックスに本社を置く Banner Health は、質やサービスを向上させながらコストを削減する目標を設定しました。ヘルスケアシステムを提供するこの企業は 7 州で 28 の病院と関連する保健事業体を運営しており、Tele-ICU の確立などの戦略的イニシアチブを通じてこれらの目標を達成しました。また、ベッドサイドエコー検査やCVライン挿入から小児性腹痛まで、ポイントオブケアの超音波画像診断を複数のプログラムに組み込みました。  ※本訳事は海外で紹介されたものを邦訳したものであり、医療の現状は必ずしも日本のものとは一致しません。

「理事会とシニアマネジメントチームは全面的に、ヘルスケアソリューションの一翼を担う存在でありたいという意識的な決断を下しました。それゆえ私たちは、病院というシステムから医療をお届けするシステムへと自分自身を変革しているのです。」

ロバート・グローブス医学博士、Banner Health 健康管理部門副部長

エピソード 2:ヘルスケアを変える

Banner Health は、CVC 挿入中の合併症に対処するためにポイントオブケア超音波画像診断と呼吸療法士を採用したCVライン管理プログラムを導入しました。Banner Health がどのように臨床転帰を向上し、コストを削減し、よりよい患者エクスペリエンスを提供しているのか、以下の動画でご覧ください。

エピソード 3:ケアの質の向上

ショック状態にある重篤患者からすぐに必要な情報を得るため、心臓を診断する際にポイントオブケア超音波を使います。誰かが来るのを待つ時間はありません。心臓が機能していないのはポンプが空で流れが必要なのか、それともポンプがいっぱいで流れを止める必要があるからなのか、すぐに知る必要があります。必ずしも外部から判断できるわけではありません。超音波検査はリアルタイムに、ほとんどの場合すぐにその質問に答えることができます。 — Banner Health 健康管理部門副部長、ロバート・グローブス医学博士  ※本訳事は海外で紹介されたものを邦訳したものであり、医療の現状は必ずしも日本のものとは一致しません。