超音波ガイド下末梢静脈カテーテル

「このデータは救急医療、患者さんの安全、および病院の費用抑制に全体的な影響を及ぼし得るもので、極めて重要です。」

--Bon Ku, MD, MPP(ペンシルベニア州フィラデルフィア)

ハイリスクな CVC の代替法:超音波ガイド下末梢静脈カテーテル

米国の病院では毎年 500 万件以上の中心静脈カテーテル(CVC)留置が行われており、緊急治療室で最も一般的な侵襲的処置になっています。1 CVC 留置は患者さんの主要な血管に大型のカテーテルを挿入するものです。静脈が視覚化されないために穿刺が難しい患者さんを対象にして行われることが少なくなく、複数の針を使用せずに カテーテルを留置することは困難です。CVC の穿刺手技は合併症を発症するリスクが 15% 近くに達しており、カテーテル関連の血流感染症を発症したり、死亡するケースもあります。2

救急医である Dr. Arthur Au, Dr. Bon Ku and Dr. J. Matthew Fields は、末梢静脈へのアクセスが困難な患者さんに対する CVC 留置を超音波ガイド下末梢静脈カテーテル(USGPIV)に置き換えられるかどうかを確かめる研究を行いました。

「超音波検査機器を使うと、私たち人間の目には見えない静脈を見ることができます。カテーテルを留置すべき箇所が分かるため、針の本数と合併症を減らすことができます」と Dr. Ku は述べています。

超音波研究の成果が病院における CVC 留置のポリシーを変えました

この研究は、患者さん 100 人を対象に、超音波システムを使用して行われました。

その結果、100 例中 85 例(85%)の USGPIV が、問題のある末梢静脈アクセスを有する患者に対する CVC 留置の必要を排除したことが示されました。こうした患者さんではフォローアップ期間中の合併症もゼロになりました。3CVC プロシージャではの合併症率が約 15% であることを考慮すると、USGPIV を使用することで 2.25% まで下げることができます。CVC による合併症のコストが約 $15,000 から $50,000 であることから、USGPIV の使用拡大は患者さんの安全性を高め、救急医療費を大幅に抑制できることを意味します。

この研究がすばらしい成果を収めたことから、Dr. Ku は同病院では末梢静脈血管アクセスが難しい患者さんに対して CVC の挿入前に超音波ガイド下での末梢静脈カテーテル留置を試みることを救急部門での標準的な医療にしたことが示されています。

※本訳事は海外で紹介されたものを邦訳したものであり、医療の現状は必ずしも日本のものとは一致しません。


1Feller-Klopman, D, "Ultrasound-Guided Internal Jugular Access," Chest, July, 2007: http://journal.publications.chestnet.org/article.aspx?articleid=1085229

2Feller-Klopman, D, "Ultrasound-Guided Internal Jugular Access," Chest, July, 2007: http://journal.publications.chestnet.org/article.aspx?articleid=1085229

3Au, A., et al.Decrease in central venous catheter placements due to use of ultrasound guidance for peripheral intravenous catheters.The American Journal of Emergency Medicine.November 2012; 30(9): 1950-4.

Page Category: