穿刺

背景

穿刺の手順に間違いがあったり、針を複数回挿入すると、出血性合併症のリスクを増加させることがあります。ベッドサイドでの超音波検査機器の使用は、針ベースのプロシージャにおいて患者さんの安全性を向上させることができます。

目的

穿刺時に超音波検査機器を使用して出血性合併症のリスクを減少させるかどうかを判断し、腹水の患者さんが出血した際の医療利用率を予測します。

方法

当社は自動化された病院データベースである Premier Perspective の 2007~2008 年のデータを使用してコホート研究を行いました。このコホート研究には(ICD-9 と CPT コードで)穿刺を実施し、他の状況や手順により出血合併症のリスクが増加していない患者さんが含まれています。超音波ガイドは患者さんが胸腔穿刺と同じ日に超音波検査を受ける意志がある場合に実施されました。出血性合併症は出血、血腫、腹腔内出血を含み、ICD-9 コードによって識別されています。多変量ロジスティック回帰を用いて調整リスクを推定し、超音波ガイダンスのオッズ比(OR)を変更する基準変数を 10% 超にコントロールしました。総入院費用と入院日数(LOS)は患者さんの気胸の有無にかかわらず、自然対数変換値の多変量最小二乗回帰(OLS)分析を使用して推定し、Duan のスミアリング推定を使用して元の単位に再変換しています。

1United BioSource Corporation, Bethesda, MD, 2SonoSite Inc., Bothell, WA,3University of Southern California, Los Angeles, CA

結果

今回の研究のすべての基準を満たした 69,859 人の腹水の患者さんのうち、超音波ガイドを受けた人が 31,649 人(45%)、受けなかった人が 38,210 人(55%)でした。出血性合併症の全体的な発症率は 0.8% でした。交絡因子調整後の OR は 0.32 でした。

(95% CI:0.25~0.41)。出血が発生した場合、総入院費用は $19,066 増加し(P < 0.0001)、LOS は 4.3 日でした(P < 0.0001)。

結論

この研究では、超音波ガイドの使用により穿刺後の出血性合併症が 68% 減少しました。これらの合併症を発症した場合、病院での費用と LOS が大幅に増加しました。これまで、超音波ガイドによるこうした経済的なメリットが大規模かつ総合的な調査で示されたことはありませんでした。