宇宙飛行士である Buzz Aldrin 氏:「スキャンの小さな一歩・・・」

超音波の研究者であり、Henry Ford Hospital の医師でもある Scott Dulchavsky, MD, PhD は最近、同氏のチームが開発した技術がポイント・オブ・ケアでの超音波検査に貢献したことを認められて、宇宙技術殿堂入りしました。同氏は SonoSite と協力して、宇宙計画のために開発された超音波機器のトレーニング方法を地上でのポイント・オブ・ケア向けに改良しようと取り組んでいます。

この写真では、宇宙飛行士である Buzz Aldrin 氏に対して Sonosite S-MSK を使って当該技術を説明しています。Dr. Aldrin[MIT で宇宙科学の博士号を取得しています]は超音波は将来の宇宙ミッションにとって有望であり、「月でも役に立つでしょう」と述べています。

微小重力下における診断用の高度超音波機器に関する Dr. Dulchavsky の研究の詳細については、Telemedicine, Space to Earth Project Lands Henry Ford Physician in Hall of Fameをご覧ください。

 

こちらもお読みください。

CMO Corner: 2013 Meta-Analysis Confirms Ultrasound Guidance Improves CVC Safety
Floating Doctors: A Race Against Time and Elements in Panama
Medical Team with NanoMaxx Survives Storm Off Haiti
A New Option for CVC Placement
Reduce Iatrogenic pneumothorax with Improved Central Line Safety

Page Category: