メディケアの HAC リストに医原性気胸が追加されました

メディケア、院内合併症の新しい要件を発表 - 医原性気胸と静脈カテーテル

2012 年 10 月 1 日から有効:静脈カテーテル法の最中に臨床医が誤って気胸を発生させた場合でも、メディケアは今後気胸(肺の虚脱)に伴う合併症への対応に関して発生した費用を還付しません。メディケアが医原性気胸を予防可能な合併症とし、治療に伴う追加費用を還付しないとした決定により、院内合併症(HAC)の発生率が高い病院では今後数年間、相当な金額を失うリスクがあるため、病院の財務にさらに影響を及ぼすものとみられます。「これは、中心静脈カテーテルの超音波機器によるガイドを採用していないか、完全には実施していない病院の多くにとって転換点になるものと考えています。」

SonoSite はメディケアの発表で大きな影響を受けています。米国の各医療センターはまもなく医原性気胸の根絶に向けて意欲的に取り組むことになります。複数の研究により、血管留置の最中に超音波ガイダンスを行うことで気胸などの機械的合併症を防げることが証明されていることから、ポイント・オブ・ケアでの超音波検査機器の導入に向かうものとみられます。

当社の上級副社長兼最高医療責任者である Diku Mandavia, MD は次のように述べています。「これで史上初めて、病院での処置にポイント・オブ・ケアでの超音波検査の影響が直接生じる可能性が出てきました。中心静脈カテーテルの超音波ガイドを採用していないか、完全には採用していない多くの病院にとって転換点になるものと考えています」

SonoSite は針ガイダンストレーニングや高度な針の可視化機能を備えた超音波検査機器など気胸の合併症発生率を減らすために必要なヘルプとサポートをご提供します。この半日の Visual Medicine ワーク ショップではCVC における気胸の合併症を減少または根絶させる方法をご説明します。

Page Category: